このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ高齢者福祉> 高齢者福祉サービス

高齢者福祉サービス

 

高齢福祉サービス

高齢者が元気で自立した生活を送ることができるように、介護保険事業のほかに次のようなサービスを行います

軽度生活援助事業

 
対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは高齢者のみの世帯の方
ただし、家屋内援助については要介護1~5でない方(要支援1・2はヘルパー未利用の場合は可)
内容 家の周りの手入れや軽微な家屋の修繕、家の中の清掃や洗濯、その他生活に関する援助を行います
家屋外援助は1世帯あたり年間内24時間までとし、家屋内援助は、1週間に2回、1回2時間程度までとします
自己負担額 作業内容により料金が異なるため、助成限度額を超えた金額は自己負担となります
※各作業の基本料金等の詳細については申請時にご確認ください
助成限度額 作業員1人につき1時間あたり440円

外出支援サービス

対象者 運転免許証を所持しておらず、自ら車を運転することが出来ない次の(1)(2)のいずれかに該当する方
(1)70歳以上の方
(2)60歳以上で、下肢又は視力に障がいがあり、身体障害者手帳を所持している方
内容 医療機関や福祉施設等への往復に要する移送費用とし、1枚500円の助成券を年度内42枚交付します
費用負担 1回3枚までの利用とし、超えた金額は自己負担となります

配食サービス事業

対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは高齢者のみの世帯の身体虚弱等により調理等が困難であり,安否確認が必要な方
内容 週3回を限度とし,栄養バランスのとれたお弁当を自宅に届けます
費用負担 300円/1食※市・県民税非課税世帯の方は200円/1食になります

家族介護用品支給事業

対象者 65歳以上の要介護認定1~3を受けた在宅高齢者を介護している市内在住の家族で市・県民税非課税世帯の方
内容 紙おむつ等の介護用品を購入する際に購入費の一部を助成します
費用負担 補助限度額月額3,600円を超えた金額は自己負担となります

愛の定期便

対象者 市内に住所を有するひとり暮らしの在宅高齢者であって、急変のおそれのある持病があり、次のいずれかに該当する方
(1)70歳以上の高齢者で、閉じこもり傾向にある方や孤立している方
(2)65歳以上で日常的に孤立した状態にあり、身体が虚弱で安否の確認が必要な方
内容 自宅に乳製品(ヤクルト)を手渡し配付することにより、安否の確認・健康の保持・孤独感の解消を図ります
費用負担 無料

さわやか出前理美容サービス

対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らしまたは高齢者のみの世帯で、自力での外出が困難な方
内容 市内の登録理美容事業者が在宅高齢者宅を訪問し散髪等のサービスを行います(2ヶ月に1回、年6回を限度とする)
費用負担 1,000円/1回

ふれあい給食

対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らしの方
内容 月1回程度、会食会を通じて、健康の保持増進及び孤独感の解消を図ります
負担費用 無料

緊急通報システム装置の設置

対象者 おおむね65歳以上の緊急性を伴う持病(心疾患や脳疾患等)をお持ちのひとり暮らし、または高齢者のみの世帯の方
内容 急病などの緊急時に、消防本部に通じる装置を貸与または給付します
※電話回線が「NTT」であることを確認してください
費用負担 市・県民税の課税額に応じて負担金額が発生します

高齢者日常生活用具給付事業

対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らしの方
内容 日常生活用具(電磁調理器・家庭用火災警報器・消火器)を給付又は貸与することにより,日常生活の便宜を図ります
費用負担 市・県民税の課税額に応じて負担金額が発生します

金婚祝い事業

詳しくは広報7月号に掲載します


 

相談及び申請

相談及び各種申請については、下記の窓口で行います。
 

  • 福祉事務所介護福祉課(玉里総合支所内)
  • 福祉事務所小川支所(小川総合支所内)
  • 福祉事務所美野里支所(小美玉市役所内)
 
 

掲載日 令和3年4月1日 更新日 令和3年4月2日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部・福祉事務所 介護福祉課
住所:
〒311-3495 茨城県小美玉市上玉里1122
電話:
0299-48-1111 内線 3111〜3120 3121 3132
FAX:
0299-58-6710
Mail:
(メールフォームが開きます)