このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ消防本部災害状況> R元火災概要

R元火災概要

令和元年中における火災の概要

総出火件数は45件となっています

令和元年中における小美玉市消防本部管内の火災発生件数は45件で,前年の32件と比較し13件の増となっていす。
 

火災種別では,建物火災が18件で前年に比べて3件の減,林野火災は6件で前年に比べて5件の増,車両火災は4件で前年に比べて2件の増,その他火災は17件で前年に比べて9件の増となっています。

1~3月に火災が多く発生しています

月別では1月が10件発生し,3月が7件,8月が6件,5月が5件,2月・4月が4件,6月が3件,11月が2件,7月・9月・10月・12月が1件の順となっており,空気が乾燥する季節に多く発生しています。

出火原因のトップは,「放火及び放火の疑い」,続いて「たき火」となっています

出火原因は,放火及び放火の疑いを合わせると14件,たき火が9件,たばこが各4件,風呂・かまどが1件発生しています。なお,不明は13件その他が4件となっています。
 


掲載日 令和2年10月6日

カテゴリー